TOP > Web聖使命 > 20060901号 > 記事

「日時計ニュース.com」を開設

生長の家本部

この8月、生長の家本部では、インターネット上に、明るい喜びのニュースだけを集めたブログ(日記形式の簡易ホームページ)「日時計ニュース.com」(http://sni.way-nifty.com/sundialnews/)=写真=を開設し、公開した。


このブログは、現在、リニューアルを進めている生長の家ウェブサイトの新たなコンテンツ(内容)として、この6月に設置された出版・広報部、ネット出版課によって作成・運営されているもの。

ブログの開設の直接のきっかけとなったのは、今年5月の青年会全国大会における副総裁、谷口雅宣先生のご講話。先生は、その中で、マスメディアから多くの悪いニュースが報道されて人々に悪事を印象付け、悪事が増幅する傾向にある中、生長の家では人々の明るい面、善い面を取り上げる“善意増幅運動”を推進していくことを提唱されたことを受け、その具体策のひとつとして企画された。“日時計ニュース”の名称は、生長の家の「輝く喜びの時刻だけを記憶し、語り、思い出す」という、“日時計主義”から付けられた。

同ブログには、全国約250の新聞社のウェブサイト上の記事から出版・広報部員が手分けを選んだ記事、例えば、「バスで次々“譲り合い”連鎖」、「八幡商ナイン、毎朝ごみ拾い」などの見出しを掲載し、元の新聞社の記事とリンクさせているため、すぐに閲覧できるようになっている。

同ブログの訪問者からは「見ているだけで楽しい気分に。こんなブログを待っていました」「日時計ニュースの出現に緊張の糸が緩みました」などの共感の声が寄せられている。

ネット出版課の西村誠課長代行は、「暗いニュース中心のマスコミ界の中で異色の『日時計ニュース.com』開設の意義は大きい。このブログを通じて世の中をもっと明るくしていきたい」と抱負を語っている。