TOP > Web聖使命 > 20061001号 > 記事

慶祝 悠仁親王殿下ご誕生

秋篠宮・同妃両殿下、おめでとうございます

去る9月6日、午前8時27分、秋篠宮家にすべての国民が心待ちにしてお待ち申し上げていた皇孫殿下がご誕生されました。心からお祝い申し上げます。

ご皇室に男子が誕生されるのは秋篠宮殿下がお生まれになって以来、41年ぶりで、皇室典範によると皇位継承順位は皇太子殿下、秋篠宮殿下に次ぎ第3位となられます。

ご誕生から7日目の去る12日には、一般のお七夜にあたる「命名の儀」が執り行われ、御名は「悠仁(ひさひと)」と決まりました。「悠」の字には、「ゆったりとした気持ちで、長く久しく人生を歩んでほしい」という秋篠宮両殿下の願いが込められているそうです。「仁」の字は親王さまに付けられるご皇室の伝統に従われたもの。

天皇、皇后両陛下におかれましては、敬宮愛子さま、秋篠宮眞子(まこ)さま、佳子(かこ)さまに続く4人目のお孫さまにあたり、悠仁親王さまは、皇后さまをはじめ22人目の皇族となられます。

15日午後には、悠仁親王さまは秋篠宮妃紀子さまともども退院され、東京・元赤坂の秋篠宮邸に移られました。

私たち生長の家信徒一同は、皇孫殿下のご誕生を衷心から奉祝いたしますとともに、そのお健やかなご成長をお祈り申し上げ、常に国民の安寧と世界の平和をお祈りくださいますご皇室のますますの弥栄(いやさか)を祈念申し上げます。