TOP > Web聖使命 > 20070101号 > 記事


練成会で出会った仲間たちと。
右端がソニアさん。

国際練成道場便り
神様に守られ導かれていることを実感

ソニア・アルゾフさん (シンガポール在住)

生長の家の教えに出会ってからもう20年以上になるでしょうか。私は仕事などの関係で現在シンガポールに在住していますが、出身はブラジルです。

ブラジルで生長の家はとても有名で、私はこれまで生長の家が刊行している雑誌を購読したり、誌友会などに参加したことはありましたが、練成会を受けたことは一度もありませんでした。

今回、カナダでの第41回国際練成会に参加することになったきっかけは、昨年2月にブラジルに帰国した折、サンパウロ州にある南米練成道場で練成会が開催されることを知り、とても参加したかったのですが、行事が帰路のフライト日程と重なっていて航空券の変更が出来なくて参加することができず、とても残念に思っていたのです。

そんな折、カナダで国際練成会が開催されるとの情報を知ったときは、ちょうど北米にいる親戚を訪ねたいと思っていた矢先でもあり、それと合わせて参加日程を組むことができ、全てのことが完璧といっていいほど順調に運んだのです。これも神様のお導きだったと感謝でいっぱいです。

練成会に参加するのは今回が初めてでしたが、神想観や聖経読誦、良き仲間たちとの出会いなど、練成の雰囲気はとても素晴らしいもので、私は行事を通してその宗教的な喜びを十分に楽しませていただきました。ことに祈り合いの神想観では、練成会で出会った他の人のために祈り、そして祈られるということにとても感動し、また英文の月刊誌『TRUTH OF LIFE』の購読者としても、勅使川原淑子講師はじめ誌面に登場する講師の方々に実際にお目にかかることができてとても嬉しく思いました。

生長の家の教えで、私が一番大好きなところは、「人間は神の子である」という真理です。そして練成会では、常に全ての人や物や事に感謝するということを教えていただきました。

帰宅後は毎日ご先祖様に感謝し、神想観の実修や聖経読誦をしていますが、本当に神様に守られ導かれていることを実感しています。また、聖典を拝読しているととても肯定的な気持ちになり、ますますやる気がわいてきます。

今後も引き続き国際練成会に参加したいと思いますし、この素晴らしい体験を他の人々にも伝え、日々の生活に生長の家の生き方を実践していきます。

私が現在住んでいるシンガポールには生長の家の拠点がまだありませんが、同国の皆さんのそれぞれの宗教や信仰を尊重しながら、人間・神の子の教えをお話ししていきたいと思います。ありがとうございます!