TOP > Web聖使命 > 20070301号 > 記事

谷口雅宣先生著

『日々の祈り — 神・自然・人間の大調和を祈る —』

生長の家副総裁、谷口雅宣先生がWebサイト上で発表されている「日々の祈り」をまとめた『日々の祈り — 神・自然・人間の大調和を祈る —』が、3月1日、宗教法人「生長の家」から発行される。

本書は、〝神を深く観ずるために〟〝自然を深く観ずるために〟〝人間を深く観ずるために〟〝明るい人生観をもつために〟〝人生のすばらしさを観ずるために〟〝「病気本来なし」を自覚するために〟の6つの章から成り、全49編が収録されている。

本書の冒頭に収められている「神の愛に感謝する祈り」には次のような一節がある。

「この生命の星・地球は、太陽のエネルギーで支えられています。すべてを燃やし尽くすほどの莫大なエネルギーが、地球上ですべての生命を支えています。無数の生物たちがつくる生命の網が、力を愛に変えています。それが神さまの知恵の働きです。神さまの知恵と愛と命が交わるところ、それがこの地球です」

このように先生は神の知恵と愛と生命のすばらしさを、生長の家の神観、自然観、人間観によって限りないスケールでうたいあげている。本書を毎日拝読することで、神と自然と人間は本来一体であり、生かし合っているということが実感でき、また人間が本来持っている〝神や自然、人間とは何か〟という根本的な疑問も解け、明るく幸福な人生が到来することになるだろう。

携帯にも便利な本書は、明るいグリーンの布装で愛蔵版として、贈り物にも最適。また環境に配慮した再生紙が使用され、収益金の一部は森林再生を目的とした活動に寄付される。

(新書判/布装上製/1,500円)