TOP > Web聖使命 > 20070901号 > 記事

韓 国
学生セミナーに4割の初参加者

神の子無限力の素晴らしさ学ぶ

 去る7月27日〜29日、大韓民国の慶北慶山市にある世宗修練院で、「第19回大韓民国学生セミナー」が開催され、初参加者45人(41%)を含む110人が参加。

 4割を越す多数の初参加者が集まった要因について韓国光明会では、ソウル、大邱てぐ釜山ぷさんなどの各支部で活動する幹部らが、家族や友人知人に意欲的に推進したことなどを挙げている。

 同セミナーは小・中・高生を対象に毎年開かれているもので、今回は「自分のことが分かるようになる2泊3日」とのテーマで開催。本部から派遣された大平收一・本部講師(青年会副会長)はじめ金廷煕・本部講師補(光明会会長)、金廷昊・本部講師補(光明会副会長)らが指導にあたり、「皆神の子、無限能力者」「心でつくる世界」などと題して、神の子の無限の可能性と「縦の真理」「横の真理」について研鑽したほか、最終日には「環境保全」をめぐっての講話と講師を囲んでの座談会も実施された。

110人が参加した学生セミナー

 また今回は、各班ごとに感想文集を作成したのに加え、参加者相互への祝福メッセージのビデオ映像や行事の写真などを編集したCDを作成し、行事終了後に参加者宅に送付したという。

金廷煕・光明会会長の話
「内在の無限の可能性を覚醒させ、天地万物の命の大切さを教えるこの学生セミナーは、韓国社会で大きな貢献をしています。参加者が増えることで、このみ教えが大きな潮流となり、学生たちの生活は多様性に満ちたものとなるとの確信をもって行事を開催しています。今回の参加者も、セミナーを通してみ教えを全身心で呼吸していることを実感。今後、我が国でも学生や青年の活動が本格的に展開していくことを確信しました」