TOP > Web聖使命 > 20070901号 > 記事

米国
南カリフォルニアで青少年練成会

人生成功の秘訣をテーマに

 去る7月27日〜29日、米国カリフォルニア州ガーデナ市の生長の家アメリカ合衆国伝道本部会館で、「第38回南カリフォルニア教区青少年練成会」が開催され、初参加者9人を含む29人が集まった。

今年は青年たちが中心になって運営を担当

「人生成功の秘訣」をテーマに開催された同練成会では、勅使川原淑子・本部講師(アメリカ合衆国教化総長)、鶴田昌世・本部講師(南カリフォルニア教区教化部長)、杉内英治・本部講師(アメリカ合衆国伝道本部職員)ほか同国の地方講師が指導にあたり、「あなたの目的を達成する秘密」「調和の秘密」「人生における貴方の使命の秘密」などと題して講話したほか、祈り合い神想観、浄心行、先祖供養などが行われた。

 このほか練成会では、「成功への鍵」をテーマにしたディスカッションが中学、高校、大学の年齢別に行われたほか、屋外清掃の時間にはゴミの分別収集を行い、リサイクルにも貢献した。

 最終日には、勅使川原講師、鶴田講師らを囲んでの質疑応答や、「地球温暖化」「家族や友人との調和」「成功を見出す」「人間関係」の4つのテーマに別れてのディスカッションに加え、前日までの練成行事を撮影したビデオ映像を30分のダイジェストにして上映し、参加者に好評だった。

 勅使川原淑子・アメリカ合衆国教化総長の話
「南加教区では、青少年たちに“社会への愛の実践”などについての指導がサンデーの集い等でなされ、強いきずなが生まれています。今年も鶴田教化部長の指導により、練成会の運営を担当する青年リーダーたちが、事前に運営全般について4回のミーティングを実施。行事中は彼らが中核となり、大人たちのサポートを受けながらも行き届いたお世話をしている姿を頼もしく思いました。次代を担う青少年の育成に教区を挙げて尽力する大人たちの取り組みに感謝し、その愛念に包まれて真理を学ぶ青年たちの健やかな成長を心から願い、与えられたテーマで講話を担当させていただきました」