TOP > Web聖使命 > 20070901号 > 記事

着物リフォームのファッションショーを開催

北海道 佐藤道子さん

古い着物をドレスやコートにリフォームするというユニークな活動をしている北海道美深びふか町の女性グループ「呼布こぶの会」(会員約50人)が、今年7月、東京・八王子市で、「きものリフォームファッションショー」を開催し、話題を呼んだ。中心となったのが、同会会長で、白鳩会員の佐藤道子さん(68、同町在住)。リフォームのきっかけやみ教えの出合いについて佐藤さんに聞いてみた。


リフォーム仲間の信徒と一緒に
古い着物をほぐす佐藤さん(左)

 日本列島の各地で35℃以上の猛暑に見舞われていた8月18日。旭川市から100㎞ほど北にある美深町の午前の気温は22℃の“涼しさ”。佐藤さんは、自宅で、紫色のシャツ、着物をリフォームした赤紫色のもんぺ姿で出迎えてくれた。

「織物の街、東京・八王子でショーをする夢が叶って、充実感でいっぱい」と喜ぶ佐藤さん。

「蘇る和布わぶ・呼布の会・きものリフォームファッションショー」と銘打った催しは、去る7月5日、東京・八王子市の八王子市芸術文化会館で行われ、北海道から36人、関東から20人、合計56人の10〜80代の“デザイナー”が、自らモデルとなり、元の着物の美しい色や柄を生かして、現代的なデザインにリフォームしたコートやドレス等の合計157点の衣装を披露。約260人の観客から大きな拍手と声援を浴びた。

 佐藤さんが着物のリフォームを始めたのは、20年ほど前。自分の大きな体格に合う既製服が少なかったことがきっかけ。

「着物の柄が好きだったので、祖父母が残した着物をリフォーム。独学で裁縫さいほうを習い、着物をほぐして、思うがままにデザインし、オリジナルのファッションを楽しんでいました」

 この趣味の世界から大きく飛躍したのは、平成15年3月のこと。佐藤さんは、美深町の依頼で、同町記念事業としてリフォームした着物のファッションショーを開催すると、約500人が来場し、大きな反響を呼んだ。

 すると佐藤さんは、同年12月、生長の家信徒や、友人に呼び掛けて、「眠っている古い着物に、息を吹き込み、再び呼吸をさせたい」という意味を込めて、「呼布の会」を設立。

 メンバーと共にリフォームに励み、これまで北海道で16回のショーを開催したという。

 今年3月、佐藤さんは、今回のショーの準備が重なり、過労で寝込んでしまったという。が、『理想世界ジュニア版』3月号を開くと、谷口雅春先生の「人間は何歳になっても、希望を持って生きていける」というご文章を読んで発憤はっぷん、すぐ元気を取り戻したという。


リフォーム・ファッションショーでの一コマ

 そんな佐藤さんだが、昭和38年に兄嫁から『白鳩』を勧められたころは、あまり読まなかったという。ところが、52年、夫の捨弘さん(故人)が仕事上のトラブルでうつ状態に。翌年、佐藤さんは、隣町に講演に来た本部講師に指導されるまま、感謝と讃嘆の言葉を唱えて看病すると、1週間後、夫はすっかり治ってしまったという。

 以来、信仰に励む佐藤さんは、平成6年に地方講師、8年、支部長を拝命し、毎月1回、自宅で誌友会と母親教室を開くなど活発に活動に励んでいる。

 この9月の白鳩会教区大会でも、リフォームファッションを紹介するという佐藤さんは、「“物に感謝して大切に使う”という教えのまま、リフォームの素晴らしさ、楽しさを知ってもらいたい」と意欲を燃やしている。