TOP > Web聖使命 > 20071201号 > 記事

新刊案内

『新版 善と福との実現』谷口雅春先生著

書籍案内 谷口雅春先生著『新版 善と福との実現』(新しいウィンドウで表示)

 本書は、昭和23年に初版が発刊され、同49年、『谷口雅春法話集』第6巻に収められて、これまで19版を重ねてきたが、今回、正漢字・歴史的仮名遣いから常用漢字・新仮名遣いに改め、文字も大きくなって、より読みやすく親しみやすい新版として生まれ変わった。

「序文」で、先生は、善人が不幸になる原因として、高慢になり、人をれなくなること、審判さばき心の強さ、善という型にとらわれて自縄自縛すること、などを指摘されている。

 では、善であると同時に幸福を実現するにはどうすればよいのか。先生は読者に、第9章の「牝鹿めじかの脚の話」を読み、しかるのちに第13章「幸福の世界に出る法」を読むことを勧められ、その中で具体的方法を詳説されている。

 東西の宗教や哲学なども縦横無尽に引用しながら、普遍的な真理を説かれた本書は、信仰を深め、幸福な人生を送りたいと願う現代人に、必読の書である。

(12月15日発売/日本教文社刊/四六判並製/定価1,700円)