TOP > Web聖使命 > 20080201号 > 特集 付けて良かった!『日時計日記』 > 記事

願いを書き続け、教員採用試験に合格!

東京第一教区 天野裕子さん(23 青年会員)

現在、教区青年会育成指導部長で東京学芸大学4年生の天野さんが、教員採用試験の勉強を始めたのは昨年3月下旬。
 周囲より遅いスタートで不安もあったが、「私の希望・願い」欄に、「すでに合格」と「自分に合った進路が決まりました」を交互に書き始めると、不安感も消え、次第に「すでに合格」の方を書くように。
 すると、夏の2度の試験にはほどよい緊張感で臨め、見事合格。今春から都内の小学校で教壇に立つ。
 理想は「日時計主義を実践する教員」だ。

  • どの時間帯に、どこで日記を付けていますか?
  • 入浴後、リラックスした時に

  • 日記を付ける時に工夫していることは?
  • うれしい出来事をすぐに携帯電話やメモ帳に記録して夜に日記を書く

  • 自分専用の『日時計日記』を作るとすれば?
  • 児童の良い記録を書く『児童日時計日記』

>> next