TOP > Web聖使命 > 20080201号 > 特集 付けて良かった!『日時計日記』 > 記事

1万歩めざし歩数を記録

生長の家参議 大塚和富さん(61 財務部長)

1日の歩数計の数字を『日時計日記』に記録し続けた人がこの人。
 大塚さんは、18年4月、突然に心臓の拍動が速くなり呼吸が苦しくなる「発作性心室性頻拍症」が勤務中に頻繁に起こるようになり、病院で処置を受けて健康を回復した。
 が、これをきっかけに健康維持のため、通勤時、最寄り駅までのバス利用をやめて18分ほどかけて歩くようになった。
 昨年からは、腰に付けた歩数計のカウント数を『日時計日記』に毎日記載。
 「歩こうという意識が高まりました」と語り、1日1万歩を目標に。
 その後は発作もなく、健康そのものだという。

  • 日記を毎日付けるためのコツを教えてください。
  • 日記を付ける時間を決める。絶えず携帯して、感動したときにすぐ付ける

  • 日記を付ける時に工夫していることは?
  • 1日の生活がより一層充実するよう意識するようになった

  • 自分専用の『日時計日記』を作るとすれば?
  • 『感動日記』

>> next