TOP > Web聖使命 > 20080301号 > 記事

風力と太陽光の発電装置を設置

生長の家本部会館前に

このほど、生長の家本部会館の新館玄関脇に、風力と太陽光による発電装置を組み合わせた“ハイブリッド発電時計塔”がお目見えし、通勤人や学生の人目を引いている。これは本部のISO14001の取り組みの一環として設置されたもので、自然エネルギー利用の啓発にも一役買いそうだ。
発電出力は、風力が135W、太陽光は85W。