TOP > Web聖使命 > 20080601号 > 記事

結婚式で“炭素ゼロ”

生長の家本部の近藤さん夫妻

 結婚式でも、炭素ゼロ(カーボンオフセット)を実現したのが、生長の家本部の近藤新三朗さん(36、人事課、本部講師補)と弥栄子さん(33、総務課課長補佐、本部講師補)のカップル。
 きっかけは本部のISO担当者でもある弥栄子さんが、結婚式でCO2を相殺できるプランをネット上で見つけたこと。“炭素ゼロ”運動への貢献をしたいという思いが一致した2人は、全国大会終了後の5月5日、東京・港区の乃木神社で挙式したが、式と披露宴、同じく都内で開いたパーティーの各会場で使用した電力と、参列者140人の自宅からの移動に伴うCO2排出量1.57㌧について、カーボンオフセットの仲介業者からCO2排出枠を8,295円(税込み)で購入して“炭素ゼロ”を実現させた。
 結婚式でのCO2の相殺は珍しく、挙式前の4月22日、2人は、フジテレビ系列「めざましテレビ」で、カーボンオフセットの結婚式を行う2人として紹介され、話題を呼んだ。
「私たちの環境保全の思いを結婚式で表現でき、本当にありがたく、うれしい」と語っている。
 ちなみに今回の購入分は、インドの風力発電事業によるCO2排出権取得に充てられる予定。