TOP > Web聖使命 > 20080701号 > 記事

生分解性プラスチック製の袋18万枚を発注

生長の家本部

 生長の家本部では、講習会等で弁当や聖典入れに利用できる生分解性プラスチック製の袋18万枚を発注することが、このほど決まった。
 これは、廃棄される古々米を原料としており、色は薄い乳白色、サイズは25×20㎝、取っ手を含めた高さ40㎝、価格は1枚12円。片面には国際平和信仰運動のシンボルマークや環境スローガン、素材の由来などが印刷されている。
 近年、環境配慮の視点から、生分解性プラスチック製の袋の購入を希望する教区が増えていたが、袋が高価であるため、本部ISO推進支援部が調査したところ、10万枚以上の購入で単価が半額となることが判明。また総本山および30の教化部で購入の希望(合計16万枚)があったことから、本部がまとめて発注し、購入することにしたもの。

画像をクリックすると拡大表示します

画像をクリックすると拡大表示します