TOP > Web聖使命 > 20080801号 > 記事

「これからも明るく楽しいアートで、地元香川はもちろん、世の中をどんどん明るくしたい」と語る田尾聡志さん

芸術祭で即興のイラスト画を制作

香川県の田尾聡志さん

 去る6月8日、香川県高松市で、「香川県を元気にしよう」と、地元の芸術家たちが中心となって企画した「第2回アルッテ芸術祭」(高松市、四国新聞社などが後援)が開催され、同県三豊市在住のイラストレーターで、同教区の光明実践委員会議長の田尾聡志さん(39)が、イベントの顔となるメインキャラクターを初めて製作したり、昨年に引き続き、“ライブペインティング”のコーナーに出演し、即興でイラスト= 写真左 =を描くなど、注目を集めた。

 この芸術祭では、ライブ演奏、ダンス、ファッションショー等が行われたが、田尾さんのメインキャラクター「Aruteアルッテ くん」は、スタッフ用のTシャツに用いられるなど、イベントの盛り上げに一役買った。また、ライブペインティングでは、1人15分の持ち時間で他の4人のイラストレーターと競演。田尾さんは、畳1畳分の白いベニヤ板に、黒のアクリル絵の具で、動物や魚を題材にしたユニークな絵柄を勢いよく描き上げ、来場者から大きな拍手を浴びた。
 田尾さんは、「これからも明るく楽しいアートで、地元香川はもちろん、世の中をどんどん明るくしたい」と語っている。