TOP > Web聖使命 > 20081001号 > 記事

ISO14001の登録を維持

生長の家では、7月8日〜11日、昨年度までISO14001の認証を取得した国内の全事業所64カ所と関係団体2カ所の計66カ所において、環境マネジメントシステムが継続的に運営されていることを確認するサーベイランス(定期審査)が実施され、認証機関の(財)ベターリビングシステム審査登録センターによって、登録の維持が決定された。
 審査は同センターの審査員が、本部事務所と選択された宇治別格本山と茨城、東京第二、和歌山、大分の各教化部を訪れて実施。その結果、重大な指摘事項は無く、審査報告書で「炭素ゼロへの取り組みとして排出権の購入をするなど、地球環境問題への大きな貢献がなされている」と高く評価された。