TOP > Web聖使命 > 20081101号 > 記事

新刊案内

『衝撃から理解へ −イスラームとの接点をさぐる− 』谷口雅宣先生著

書籍案内 谷口雅宣先生著『衝撃から理解へ −イスラームとの接点をさぐる− 』

 本書は、生長の家副総裁・谷口雅宣先生が、2005年7月から2008年7月、ブログ「小閑雑感」に発表されたイスラームについてのご論考をまとめたもの。
 2部構成で、「第1部 イスラームの衝撃」は、「ロンドンのテロ」「信仰と風刺」など12章を収録し、イスラームに関する時事的な論評を集めている。
 続く「第2部 イスラームへの理解」は、「イスラームの理性主義」「イスラームと生長の家」など8章を収録。暴力的な面の報道が多いイスラームについて、“寛容性”“多様性”などの平和的な内容を持つことを強調され、“万教帰一”の考え方など、生長の家との共通点についても考察されている。
 先生は「はしがき」の中で、「信仰者が他宗教との“違い”を見つめることは、宗教間に争いを生む原因となるのである。“共通点”を見出し、それを認め合うことによってのみ宗教間の共存が可能となる、と私は考える」と述べられている。

(11月15日発行/生長の家刊/四六判/並製/定価1,500円)