TOP > Web聖使命 > 20081101号 > 記事

第30回記念生光展

過去最高の79人が力作を出品
絵手紙・絵封筒の企画展示も好評


ギャラリーに展示された力作の数々にたくさんの来場者からの喜びの声が寄せられた

■先生方の特別ご出品も

 芸術の秋を彩る生長の家芸術家連盟美術展「第30回記念生光展」が去る10月13日〜19日、東京銀座画廊・美術館(東京・銀座)で開催され、信徒や美術愛好家など848人(前年比122人増)が訪れた。
 今回は、生芸連の会員、準会員、一般、招待作家の78人から寄せられた油絵、日本画、写真等の95点が展示されたほか、白鳩会総裁・谷口恵美子先生が水墨画2点を特別にご出品された。出品者数は過去最高。
 また30回の記念企画として「絵手紙・絵封筒の世界」が開かれ、副総裁・谷口雅宣先生の絵封筒24点と白鳩会副総裁・谷口純子先生の絵手紙4点を含む、全国の会員・信徒らによる絵手紙192点(99人)、絵封筒125点(74人)の合わせて317点が展示された。
 このほか、生光展の歴史をまとめた小冊子『生光展のあゆみ』(A5判14頁、非売品)が来場者に配られたほか、彫刻家の服部仁郎氏(元生長の家理事、故人)作の仏像が展示された。
 会期中の15日には、谷口雅宣先生、谷口純子先生ご夫妻が来場され、作品を鑑賞された。

■生光展賞は宮内氏の作品に


生光展賞に輝いた宮内悊さんの作品

 今回、最優秀の生光展賞に輝いたのは、生芸連運営委員の宮内さとしさん(東京都)のアクリル画『春の只見線鉄橋』(40号=写真右)。福島県と新潟県の豪雪地帯を結ぶ只見線の雪解けの風景をアクリル絵の具等を使って情感を込めて描かれた作品。「雨、雪、川という水の姿の変化と美しさを描き出した秀作」との高い評価を受けた。
 また、今回特別に設けられた「第30回記念賞」(生光展賞と同位)には安井英司さん(和歌山県)の日本画「紀州備長炭びんちょうたんかま出し」(30号)が選ばれたほか、8人が入賞した。
 谷口恵美子先生の『けし』(縦27㌢×横24㌢)と『あじ』(縦30.5㌢×横40㌢)の2作は、墨の濃淡と軽やかな筆運びで対象が生き生きと描かれている。
 このほか、招待作家の遊馬正、金山桂子、永井郁の3氏が油絵を1点ずつ出品、僧侶で写真家の駒澤たん道、旭川教区教化部長の高倉俊治、釧路教区相愛会員の渡辺昇、徳島教区相愛会員の笹田敏雄の各氏が、それぞれ写真作品を賛助出品した。

■「私も描いてみたい」の声も

 一方、「絵手紙・絵封筒の世界」は、本年度から絵手紙などのテーマを含む、技能や芸術的感覚を生かした誌友会が始まったことから、参考にしてもらう一方、芸術愛好家のすそ野を広げるのが狙い。本紙や生芸連ウェブサイト等で作品を募集して、2歳から93歳まで幅広い世代から多様な作品が集まった(関連記事)。
 谷口雅宣先生の絵封筒は、出張先で出合った風景や物を水彩で色鮮やかに描いた作品で、一部はご著書『太陽はいつも輝いている』に収められたもの。また谷口純子先生の作品は、ご自身が実家のお母さまに送られている絵手紙と同様に、日常生活の中で目にした花や野菜等を描き、文章を添えて出品されたもの。
 企画展示を見た来場者からは、「ユーモアが込められていて心が和んだ」「添えられている言葉に感動」「私も描いていみたい」など好評だった。

<入賞者>(都道府県順)
星野薫(茨城)、菅原博幸(栃木)、鈴木純雄、中川登岐枝(千葉)、宮内悊、中橋芽ゐ夢、ぬのいつよし、能登みちこ、(東京)、安井英司(和歌山)、山岡益子(香川)

<初入選者>(同)
永山多香子(福島)、深江明治(茨城)、瀬戸口和子(埼玉)、渡部恵子(千葉)、猪越俊之、宇治知也子、梶原桂子、冨田成一(東京)、青木能婦子(岐阜)、山岡益子(香川)、杉野志保美(福岡)、山田三津子(鹿児島)、屋宜千賀子(沖縄)