TOP > Web聖使命 > 20081101号 > 特集 救われた喜びを伝えて晴れて15人が二重光輪賞 > 記事

生かされている喜び伝えて

二重光輪賞

岐阜教区 渋谷 美範びはんさん(82)

弱視で体も弱かった渋谷さんは、昭和22年ごろ、知人の勧めで参加した講演会で、「神様に生かされているんだ!」と知り生きる希望を見いだした。養鶏場を営む傍ら自宅で誌友会を開催すると、参加者の病気や家庭問題が次々と解決。61年〜平成4年、地方講師会長。今も自宅を誌友会、早朝行事等の会場に提供。「“報いを求めぬ愛と無限の赦し”を座右の銘に、教えを伝え続けたい」

>> next