TOP > Web聖使命 > 20081101号 > 特集 救われた喜びを伝えて晴れて15人が二重光輪賞 > 記事

組織の要として長年尽力

二重光輪賞

福岡教区 水本 洋子さん(78)

昭和50年、信徒の友人の誘いで参加した母親教室で、生長の家の教育法にいたく感銘。57年、支部長、地区連合会長を拝命して活動に邁進し、地区連で100人ほどを講習会に導くなど活躍した。58年〜平成13年の停年まで教区連合会副会長を務める傍ら、元年〜10年まで同事務局長も兼任し、組織の要として尽力。「孫が生高連で活躍していてうれしい。今後も多くの人に教えを伝えたい」

>> next