TOP > Web聖使命 > 20081101号 > 特集 救われた喜びを伝えて晴れて15人が二重光輪賞 > 記事

夫からの言葉が宝

二重光輪賞

長崎北部教区 野田 ウメノさん(88)

昭和36年、近所の地方講師の勧めで講習会に参加し、「世界を幸せにする教え」と感激して入信。10年後、反対していた夫が教区練成会に参加し、「来てよかった」との感想の言葉が“宝”となる。その後、念願の誌友会を自宅で開いて活動に励み、白鳩会教区連合会副会長や地方講師会長(昭和61年〜平成元年)を務めた。今も誌友会に出講。「皆様の喜びが私の喜び。使命ある限り続けたい」

>> next