TOP > Web聖使命 > 20090201号 > 記事

自社の電光掲示板に真理の言葉

島根県の安野 啓義さん

 島根県益田市在住の相愛会員で栄える会中央委員を務める安野啓義さん(56)は、経営する同市内の会計事務所の3階建て自社ビルの屋上に発光ダイオード(LED)の電光掲示板を設置し= 写真、真理の言葉をはじめ、市の案内や交通安全の標語を掲示して話題となっている。

 これは、会計事務所を設立して約30年の安野さんが、「地域の皆さんのおかげ。真理の言葉を紹介して皆さんを元気付けたい」と、昨年9月、神想観でひらめいて設置したもの。
 掲示板(横280㎝×縦120㎝)は、電力消費が少ないLEDを採用し、鮮やかなオレンジ色の電光文字が右から左へ流れ、午前7時〜午後7時まで表示。「必ず良くなるきっと良くなる」「あなたには無限の可能性がある」などの言葉を流し、近所の人から「明るい言葉に元気が出る」と好評だ。一方、市の行事案内や交通安全の標語(「シートベルトを締めましょう」など)にも無料で提供し、地域貢献に一役買っている。
「有効活用して、一層恩返したい」(安野さん)