TOP > Web聖使命 > 20090301号 > 特集 長年にわたる伝道で功績 10人が二重光輪賞に輝く > 記事

義父の遺志と夫の協力で活動に邁進

二重光輪賞

釧路教区 村井 孝子さん(80)

昭和26年、夫の力さん(84)と結婚し、39年、釧路道場(旧教化部会館)建設に多大な献資で協力するなど熱心な信徒だった義父の影響で40年に入信。同43年、支部長を拝命して活動に励み、平成7〜13年、白鳩会教区連合会長。毎回の講習会には、建設会社を営む力さんの協力を得て、社員や仕事の関係者など130人を導く一方、同9年の教化部会館の建設では、義父の遺志を受け継ぎ、多額の献資を行った。「受賞は義父と夫、そして、私を支えてくれた仲間のおかげ。体の動くかぎり光明化に励みたい」

>> next