TOP > Web聖使命 > 20090301号 > 特集 長年にわたる伝道で功績 10人が二重光輪賞に輝く > 記事

いつまでも良き伝道者で

二重光輪賞

京都第一教区 持田 佐多子さん(76)

信徒だった母親の影響で小学4年の時から神童学園(現在の生命学園)に参加。結婚後の昭和43年から、同居の実母が発会した誌友会を手伝うように。51年、夫が役員の繊維会社が傾いた時、「必ず良くなる」の信念で明るく神想観と聖経読誦に励むと、問題が円満に解決。以来、いっそう伝道に励み、白鳩会教区連合会副会長を経て、平成元年〜16年、同教区連合会長。「1人1人に使命がある」と幹部・会員を持ち前の笑顔で讃嘆し、運動をけん引した。「いつまでも良き伝道者でありたい」が心からの願い。

>> next