TOP > Web聖使命 > 20090501号 > 記事

新刊案内

『小閑雑感 Part13』谷口雅宣先生著

書籍案内 谷口雅宣先生著『小閑雑感 Part13』

 生長の家総裁・谷口雅宣先生のブログ「小閑雑感」を単行本化したシリーズ13作目。2008年3〜6月の79篇を所収。
 本書で多いのは、イスラームに関する論考で9篇がある。先生は、その中の「権威と権威主義」(3篇)で、宗教の教典解釈では、宗教上の権威は重視すべきだが、権威主義に陥らないよう細心の注意が必要と述べられ、幹部の一読を促されている。
 さらに芸術についての論考も多く、「新しいタイプの誌友会」「芸術表現について」と題した考察7篇が収められ、先生は、技能や芸術的感覚を生かした誌友会を通して“真象”を見出す意義を明らかにされている。
 先生は、「はじめに」の中で、「ぜひ日常の中で生命と生命が触れ合う機会に注目し、それを何かの形──日記、写真、絵手紙、俳句、料理、ブログなど──に表現することで、家族をはじめ多くの人々と感動を共する喜びを味わってほしい」と、読者に呼びかけられている。
(5月1日発売/世界聖典普及協会刊/B6判変型/並製/定価1,400円)