TOP > Web聖使命 > 20091001号 > 記事

韓 国
夢を実現するをテーマに

韓国で学生セミナー

 去る8月14日~16日、大韓民国忠北槐山郡チュンブクゲサングンにあるボランウォン青少年修練院で「第23回学生セミナー」が小・中・高生を対象に開催され、88人が参加した。
 主催した韓国光明会によると、今回は「夢を実現する」をメインテーマに、「夢を持つ大切さを理解し、自分らしい夢を持つ」「自分の中の宝物に気付き、それを力強く発揮する」「すべては自他一体であり一つの生命であることに気付く」などの学習を焦点に、ワークショップなど体験型のプログラムを増やすなど、工夫を凝らしたという。
 国際本部からは工藤恭裕・本部講師(青年会副会長)が、7月に開催された「青年リーダーのための研修会」に続いて派遣され、同国の金廷煕キムジョンヒ・本部講師補(韓国光明会会長)、金廷昊キムジョンホ・本部講師補(韓国光明会副会長)らとともに指導に当たったほか、青年リーダー研で学んだ20代の青年や大学生らも運営スタッフとして参加した。
 セミナーは、3日間を通して、夢をかなえるポイントとして①全ての人に神様から与えられた使命があることを知る②多くの人を幸せにする夢を描く③三正行を実修する、これらの大切さを講師が説明した上で、グループ研修やワークショップなどを実施し、それぞれが自分の夢を実現する具体的な方法を学んだ。
 このほかセミナーでは、野外研修「無限力発揮大会」が2日目に開催され、水瓶みずがめ運びゲームや自動車引っ張りゲームなどを通して、チームのために力いっぱい頑張ることの大切さを学んだ。

夢を描くことの大切さを学んだ学生セミナー

 参加者からは「今まで自分の短所ばかり見ていましたが、たくさんの長所があることが分かった!」「私は必ず夢を叶えることができる、との自信がわいてきた」などの感想が。  工藤講師は「学生たちに、夢を描くことの大切さと、み教えを学び、多くの人を幸せにする夢は必ず実現することをお伝えできたことは、何よりの喜び」と語っている。

金廷煕・光明会会長の話
「7月の青年リーダー研に参加した青年もセミナーの運営に携わり、8月末には青年誌友会を開催するなど運動参画の意識が深まってきました。派遣された工藤講師とは、準備段階から協力して進めたことが奏功しました」