TOP > Web聖使命 > 20091101号 > 特集 14人が二重光輪賞の栄誉に > 記事

姑の“一番弟子”として

二重光輪賞

埼玉教区 桑野昭子さん(79)

昭和33年、結婚後、りんとした信仰姿勢の姑にひかれ、「姑の一番弟子になりたい」と入信。44年、都内から埼玉への転居を機に自宅で母親教室と誌友会を開催。58年~平成13年、白鳩会教区連合会副会長を務める中、病気の会員を手料理持参で見舞うなど、親身のお世話活動も。昨年から「もっと新人を誘いたい」と『生命の實相』の輪読会を始め、2人を聖使命会員に導いた。「神様、どうぞ私をお使いください」と祈る日々。

>> next