TOP > Web聖使命 > 20091101号 > 記事

第31回生光展で力作88点を展示

250点の絵手紙・絵封筒も好評


会期中には信徒や一般の美術ファン858人が来場した

◆総裁先生ご夫妻がご出品

 去る10月12日~18日、東京銀座画廊・美術館で生長の家芸術家連盟美術展「第31回生光展」が開催され、生芸連の会員、準会員、一般、招待作家の66人が出品した88点の油絵、日本画、水彩画、版画、写真などが展示された。
 昨年に続いて、絵手紙・絵封筒の展示コーナーも設けられ、生長の家総裁・谷口雅宣先生が描かれた絵封筒(24点)、白鳩会総裁・谷口純子先生が描かれた絵手紙(8点)を含む絵手紙177点(136人)、絵封筒78点(23人)の合わせて255点が展示された。
 総裁先生は、主に講習会で訪問された地の風景や小物を、純子先生は庭の花や果物を、それぞれ作品に表現された。
 開催2日目には、谷口雅宣先生ご夫妻が来場され、作品を鑑賞された。総入場者数は前回を10人上回る858人。
 一方、今回初めて『生長の家青年会』表紙の風景等を撮影している飯沼延秀さん(東京都)と、大槻健晴・長野教区教化部長の子息でカメラマンの大槻正敏さん(同)が、それぞれ2点ずつ写真を賛助出品した。
 来場者からは、「作品から元気をもらい、幸せになりました」「絵が描きたくなった」など、好評だった。

◆青森教区から72点の絵手紙

 たくさんの絵手紙の中で目を引いたのが、青森と岐阜の両教区の講師研修会や生命学園等で参加者が描いた絵手紙の数々。
 特に72点(人)の絵手紙の応募があった青森教区では、田中道浩・教化部長が率先して絵手紙を制作。その喜びを会員に伝えて多数の出品に繋がった。

生光展賞は一般の朝井さんに
9人が優秀賞、奨励賞ほか


<入賞者>(教区順、敬称略)
星野薫(茨城)、五嶋稔(埼玉)、中川登岐枝(千葉)、友石操(東京)、亀井雅文(静岡)、朝井爽香(愛知)、川本いせ子(愛知)、安井英司(和歌山)、答島和年(徳島)

 生光展賞は、朝井爽香さわこさんの日本画『れんぎょう』(50号)=写真。友人の生芸連会員の勧めで3年前から毎回出品し、奨励賞を2回受賞。今回も「樹木の生命感をしっかりと描き、花の色調の変化も美しい秀作」と高い評価を受けた。「庭に咲く満開のレンギョウに“私を描いて”と呼ばれた気がして…。完成まで約1年。大きな賞が頂けてありがたい」(朝井さん)