TOP > Web聖使命 > 20091201号 > 記事

ハワイ
自然と人間の共生などテーマに

ハワイで幹部研修会と一般講演会

 去る9月19日、米国ハワイ州オアフ島の生長の家ハワイ実相センターで、同教区の幹部研修会(英語)が、翌20日にはホノルル市のアラモアナホテルで一般講演会(午前・日本語、午後・英語)が開催され、延べ192人の参加者が集まった。参加者の内訳は、幹部研修会29人、一般講演会(日語)75人、同(英語)88人。
 同研修会と講演会は、勅使川原淑子・本部講師(アメリカ合衆国教化総長)、阿部哲也・本部講師(ハワイ教区教化部長代行)、安藤比叡・全国講師らが指導に当たり、幹部研修会では今年8月にブラジルで開催された「世界平和のための生長の家国際教修会」の内容を押さえた「自然と人間との共生・共存」に加え、「炭素ゼロ運動」「インターネットの活用」などについて6講話が行われた。
 勅使川原講師は「世界平和をもたらす生長の家の使命」など2講話を担当。リーダーとしての心構えや、人間中心の生き方から、全ての生命を尊重する「唯神実相」に根ざした信仰者としての生き方への転換などを呼び掛けた。
 一方、延べ163人が参加した一般講演会は、英語・日語ともに「朗らかな心――健康と繁栄をあなたに!」のテーマで開催され、日語講演会で勅使川原講師は「朗らかな心」と題して信仰生活の朗らかなよろこびを、安藤講師は「生長の家とは何か」と題して言葉の力など教義の基本について、それぞれ講話した。

ハワイ実相センターで行われた幹部研修会

 同講演会の推進は、地元紙に2回にわたって広告を掲載したのに加え、会場周辺の住民に案内チラシを挟んだ『Truth of Life』誌を直送。また、メールマガジンや同教区発行のニュースレターなども活用した。
 参加者からは「喜びを伝える伝道に邁進したい」(研修会)、「心に響くメッセージがたくさん聴けました」(講演会)などの感想が。

阿部哲也・ハワイ教区教化部長代行の話
「研修会では、宗教的な立場から環境保全に取り組む意義が幹部の皆さんに伝わり、伝道への意欲が深まりました。また、講演会に参加した方々に日常的な行事を勧めるなど、幹部の皆さんと力を合わせて運動を進めていきたい」