TOP > Web聖使命 > 20100201号 > 記事

生長の家国際平和育英制度

2010年から開始

 生長の家では「生長の家国際平和育英制度(Seicho-No-Ie Scholarship for International Peace)」を設置することが決まった。2010年度から実施する。

 これは、国際平和信仰運動を遂行する人材を養成するため、運動に必要な学識・経験を得たいと望みながらも、経済的理由によって就学が困難な生長の家の若い信仰者に対して、世界の優れた高等教育機関で学位を取得するまでの学資を、生長の家が無償で支援するもの。
 出願資格は、①満35歳未満の男女で、就学を希望する大学等から入学許可を受けている②卒業後は国際本部または海外の伝道本部等に奉職する意志がある③光明実践委員または聖使命会員で、1年以上誌友会リーダー等の地元での活動経験があるという3つの条件を満たすことが必要。
 申請には、日本国内は教化部長、海外では教化総長等を通して国際部長の推薦を受ける。