TOP > Web聖使命 > 20100201号 > 特集 私たちがお勧めします! 新普及誌 > 記事

「この『いのちの環』をじっくり皆さんに
読んでいただきたい」と味間さん

私たちの運動を象徴する『いのちの環』

香川教区 味間みま 清さん(65)

「『いのちの環』をじっくりと読むと、書名と表紙の絵柄が、私たちが、今、進めている“自然と共に伸びる運動”を端的に表現していることが分かりました」と感激の面持ちで語るのは、計量士事務所を営む傍ら、相愛会香川教区連合会長として活躍する味間清さん。味間さんは、病気をきっかけに先に入信した妻の朋子さん(63)の勧めで、昭和60年、教区練成会に参加して教えに触れ、「神様に生かされている」と信仰を深めて業績を伸ばした体験も。「自然を神仏の表れとして尊ぶ世界の宗教と協働して地球環境を守っていくという、総裁先生の願いがひしひしと伝わってきました。この生長の家の目指すところを説明しながら伝道に活用したい」。

>> next