TOP > Web聖使命 > 20100201号 > 特集 私たちがお勧めします! 新普及誌 > 記事

「毎月掲載される仲間の活躍を
楽しみにしています」と高橋さん

「ずっとそばに置きたい!」

新潟北越教区 高橋怜子さん(20)

「『日時計24』の“アースプロデューサー”を読んで、同世代の人が環境問題の研究に取り組んでいてすごい!と思いました。地球のために何ができるかなぁ」と語るのは県立新潟女子短期大学2年の高橋さん。これまで将来に不安を抱いた時も『理想世界』や『理想世界ジュニア版』を開いて勇気づけられたが、『日時計24』も「明るい生き方、先輩の声、環境保全…と読みたい記事ばかり。ずっとそばに置きたい!」と太鼓判を押す。祖母から、両親、高橋さんと三代にわたる信仰。小学生練成会から青少年練成会に参加し続けて、現在、同教区青年会育成指導部長。「友人に手渡したい。明るい雑誌だから、“楽しそう!”と言ってくれるはずです」

>> top