TOP > Web聖使命 > 20100401号 > 記事

棟方志功の版画展に入選

青森市 田中優貴子さん

 青森市出身の版画家、棟方志功の偉業を讃え、同市で毎年開催されている「棟方志功賞版画展」で、第22回目の今年、同市立堤小学校3年で、聖使命会員の田中優貴子さん(9)が見事、初の応募で入選=写真
 同展には、市内の小・中・高から8,173点が出品され、193点が入賞、824点が入選。去る2月6~8日、美術展示館に展示された。
 田中さんは、昨年秋、担任から“動きのある版画を作ろう”と指導され、一所懸命練習して乗れるようになった一輪車を題材に選び、力作を完成させた。
 父親が田中道浩・青森教区教化部長で、小学生練成会や生命学園に熱心に参加している田中さんは「指が難しかったけど、うまくできた。入選できて嬉しかったです」と語っている。