TOP > Web聖使命 > 20100501号 > 特集記事

特集自然と触れ合い、自然の恵みに感謝して生きる

与えられた天地一切の恵みに感謝すること。それは、人や、大自然はもとより、空気にも、太陽にも、水にも、われわれの周りのすべてに感謝していくことです。生長の家では、自然と人とが共生する社会のモデルづくりを目指して、東京・原宿の国際本部を、平成24年度までに、山梨県北杜市の八ヶ岳南麓に“森の中のオフィス”として移転します。今回は、山の近くで暮らしたり、手が掛かる有機農法を実践しながら、自然を生かすことで恵みを受け、感謝に満ちた心豊かな生活を送る3人の会員を紹介します。