TOP > Web聖使命 > 20101101号 > 特集 11人が二重光輪賞 > 記事

地域の光明化の拠点となって

二重光輪賞

宮崎教区 柏田かしわだ久子さん(85)

農家の3人姉妹の長女で、跡取りとしての重圧と農作業のつらさに悩んでいた17歳のころ、近所の地方講師に『母・妻・娘の本』(旧版、谷口雅春先生・谷口輝子先生共著)を借りて読み、“女性の天分”の素晴らしさに感動して入信。
 昭和36年、結婚した夫に教えを伝え、40年から協力し合って自宅で誌友会を開催。45年、新築した家で3間合わせて17畳半の広間とし、生長の家の行事に開放し、地元日向市の光明化に貢献してきた。
 白鳩会地区連合会長、地区総連合会長を経て、平成元年~7年、教区連合会副会長。停年後、3度大病を患ったものの、祈りを深めるともに手術を行って体力を回復。現在は、コーラスグループに所属して仲間に普及誌を愛行。「町の人との交流の輪を広げて、伝道を続けたい」

>> next