TOP > Web聖使命 > 20101101号 > 記事

第32回生光展で力作94点を展示

来場者が初めて1,000人を突破


会場の東京銀座画廊・美術館には、油絵、日本画、水彩画、アクリル画、版画など
多種多様な絵画が展示された

◆絵手紙から絵画まで多彩に

 秋を彩る生長の家芸術家連盟(生芸連)美術展「第32回生光展」が、去る10月11日~17日、東京銀座画廊・美術館で開催され、生芸連の会員、準会員、一般、招待作家の74人(前回比8人増)が出品した94点(同6点増)の油絵、日本画、水彩画、写真などが展示された。
 恒例の絵手紙・絵封筒の展示コーナーには、生長の家総裁・谷口雅宣先生が描かれた絵封筒(24点)、白鳩会総裁・谷口純子先生が描かれた絵手紙(8点)を含む絵手紙438点、絵封筒84点の合わせて522点(269人、前回比267点増)が展示された。
 総裁先生は、主に講習会で訪問された各地の風景や小物を、純子先生は野菜や風景などを、それぞれ作品に表現された。
 また、絵手紙・絵封筒は33教区(8教区増)が出品。青森(174点)と島根(69点)が目立った。青森では、教区で募集したり、各種行事での作品を出品。島根では、今年1月、独自に展示会を開催するなど、活発に作品作りが行われている。
 開催5日目には、谷口雅宣先生・純子先生ご夫妻が来場され、作品を鑑賞された。期間中の来場者数は前回を254人上回る1,112人で、生光展史上初めて一千人を突破。大幅増の要因として、①出品者の増加 ②生長の家の喜びの投稿サイト「postingjoy」に来場者から同展の感想を語る投稿が相次ぎ、宣伝になったことが推測される。


522点が集まった絵手紙・絵封筒展

 一方、招待作家として、遊馬正、金山桂子、永井郁の3氏が油絵1点ずつを出品したほか、賛助出品(写真)として、僧侶で写真家の駒澤琛道氏、高倉俊治・本部講師(旭川教区教化部長)、吉柴康雄・本部講師(出版・広報部広報・編集課課長)の3氏が出品。吉柴講師は、月刊誌『いのちの環』の連載企画「四国巡礼紀行」から2点の風景を出品し、話題を呼んだ。
 来場者からは「作品から勇気を頂きました」(60代女性)「身近なものが生き生きと描かれていて、自分でも描きたくなった」(30代女性)など好評だった。

◆初日に出品者による交流会も

 また、生光展初日には、開会式が開催され、出品者と家族・友人ら77人が出席して交流した。初出品で初入選を果たしたオーストラリア人のエドワード・カー氏も出席し、「来日2カ月目、こんなに明るい雰囲気で、明るい人たちが集まった場所に来たのは初めて。素晴らしい展覧会に出品できて光栄です。来年も出品したい」と日本人の妻の通訳を介して語っていた。

生光展賞は川本、友石両氏に
8人が優秀賞、奨励賞ほか

 最優秀の生光展賞には、川本いせ子氏の日本画『祈り(大雪山寒修行)』(50号)と友石操氏の油絵『ビーナス誕生』(30号)の2点が選ばれた。そのほかの入賞者、初入選者は以下の通り。(こちらに関連記事)

〈優秀賞〉(敬称略、教区順)
 五嶋稔(埼玉)、日野原善子(神奈川)、亀川秀樹(東京)

〈奨励賞〉
 大比良恭子(埼玉)、中川登岐枝(千葉)、阿部慶子(東京)、答島和年(徳島)

〈東京銀座画廊・美術館賞〉
 玉井亜季(東京)

〈初入選者〉
 内山まり子(茨城)、岡忠子、島村文江(埼玉)、春日信子、上久保慧奈美、亀川秀樹
 ネイブ美枝子、本間雅栄、渡辺歌子(東京)、工藤洋(長野)、Edward Car(オーストラリア)

生芸連ホームページにて主な出品作をごらんいただけます。