TOP > Web聖使命 > 20101201号 > 記事

新刊案内

『小閑雑感 Part17』
谷口雅宣先生著

 生長の家総裁・谷口雅宣先生のブログ「小閑雑感」を単行本化したシリーズ17作目。2009年8月~12月までの90篇を所収。

製品案内 『小閑雑感 Part17』

 先生は、本書で政治と文化の2つの変化に言及。前者は、昨年の政権交代で、政治参加によって政権が交替しうる事実を国民が体験したという点で意義があったと指摘される一方、その後の日本政治の迷走ぶりについて度々論考されている。
 後者では、書籍の電子化の流れを紹介され、これにより文書伝道に利用できる可能性と、問題点についてもご指摘。また昨年、生長の家が開設した喜びの投稿サイト「ポスティングジョイ」によって、日時計主義が世界に広まる足がかりができた意義を強調され、読者に広く参加を呼びかけられている。
 このほか、多くの宗教で説かれる終末論について考察された宗教的論考も含まれ、転換期にある現代社会の諸課題に、生長の家の立場を明快に説く本書を多くの人に勧めたい。
(11月20日発売/世界聖典普及協会刊/B6判変型/並製/定価1,400円)