TOP > Web聖使命 > 20110501号 > 記事

米 国

第52回国際練成会

北カリフォルニアで開催

 去る2月18日~20日、米国カリフォルニア州バーリンガム市のマーシーセンターで、「第52回国際練成会」が開催され、初参加者17人を含む48人が参加した。
 同練成会では、勅使川原淑子・本部講師(国際練成道場主管)をはじめ、川上真理雄・本部講師(南カリフォルニア教区教化部長)、鶴田昌世・本部講師(北カリフォルニア教区教化部長)、ブルース・マレリー・本部講師(ニューヨーク教区教化部長)、高尾秀樹・本部講師補(国際練成道場)が指導に当たった。
 練成会では『太陽はいつも輝いている』(谷口雅宣先生著)、『生命の實相』第1巻、第7巻(谷口雅春先生著)、『智慧と愛のメッセージ』、『神想観はすばらしい』(谷口清超先生著)などをテキストに「地球を救おう-“森の中のオフィス”の目指すところ」など11講話に加え、「絵封筒ワークショップ」、「浄心行」、「先祖供養祭」、「祈り合いの神想観」、キャンドルサービスなどが行われた。
 参加者からは「心の安らぎを覚えると同時に活力に満ちたものでした」「自分が何を求めていたか、何を為すべきかの答えを見いだしました」などの声が。

48人が参加、3割以上が初参加だった

勅使川原淑子・国際練成道場主管の話
 「北カリフォルニア教区の鶴田教化部長のもとで、正副幹事長はじめ幹部・信徒が一丸となって諸準備に当たってくださり、内容、運営共に充実した練成会となりました。初参加者が多かったのですが、皆熱心に受講され、中には聖使命会に入会し、月刊誌の年間購読者となった方もありました。また、帰宅早々に就職が決まったり、み教えの素晴らしさに感動して月刊誌を30部新たに申し込み、喜んで愛行しているなどうれしい後日談が届いています。今後も、真心をこめて、国際練成道場の役割を果たして参ります」