TOP > Web聖使命 > 20111101号 > 特集 ひたすらみ教えを生き、伝えて > 記事

生涯、生長の家一筋で

二重光輪賞

札幌教区 吉田幸子ゆきこさん(81)

①昭和43年②姑との葛藤の中、病気になったが、その姑から生長の家を勧められ入信し、回復。姑とも調和した③昭和55年~58年、白鳩会教区連合会副会長
 教区中を奔走し、多くの人に教えを伝えた。現在も誌友会や母親教室に出講して、後継者の育成に努めている。「歌や踊りに誘われますが、体が動くかぎり、生長の家の運動一筋で、やっていきます!」

>> next