TOP > Web聖使命 > 20111101号 > 特集 ひたすらみ教えを生き、伝えて > 記事

信仰の喜びを一人でも多くの人に

二重光輪賞

栃木教区 吉澤公子ともこさん(74)

①昭和29年②高校2年の夏、父の本棚の『生命の實相』を拝読し、“人間神の子”の教えに感動。体も丈夫に③58年、白鳩会区連合会副会長、平成10年~16年、白鳩会教区連合会長
 教えを家族から親戚、友人、地域の人へと身近な人に伝え続け、講習会に一人で100人以上の受講者を誘った時期も。「世界平和を祈りながら、身近な人に『日時計日記』を勧めていきたい」

>> next