TOP > Web聖使命 > 20111101号 > 特集 ひたすらみ教えを生き、伝えて > 記事

病を乗り越え伝道に邁進

二重光輪賞

東京第二教区 比留間忠松さん(93)

①昭和19年②結核で入院中、知人の勧めで『生長の家』(旧版)を読んで感銘③62年、相愛会聖典・神誌拡大対策部長(当時)、平成19年、同誌友会対策部長
 昭和48年、相愛会長を拝命以来、誌友会や講習会に多くの人を誘ったほか、神誌(当時)の愛行に尽力。相愛会や地方講師会で後進の育成に努めている。「み教えへの絶対の信をもって、伝道します」

>> next