TOP > Web聖使命 > 20111101号 > 特集 ひたすらみ教えを生き、伝えて > 記事

地域の光明化を目指して

二重光輪賞

愛媛教区 中屋美穂子さん(84)

①昭和33年②勤務先の人から預かった谷口雅春先生の聖典を読んで③41~44年、青年会高知県支部執行委員長、平成4~13年、白鳩会教区連合会副会長
 56年、食堂を営む傍ら、誌友会や母親教室を開催。63年、自宅を改築して念願の道場(36畳)を開設以来、早朝行事等に開放、活動にも尽力した。「今年8月転居。新たな支部づくりを実現したい」

>> next