TOP > Web聖使命 > 20111101号 > 特集 ひたすらみ教えを生き、伝えて > 記事

教区練成会に力を入れて

二重光輪賞

高知教区 掛水教光さん(75)

①昭和36年②母親が貰っていた『生長の家』(旧版)を読み、座骨神経痛が快癒③平成10~15年、相愛会教区連合会長、15~19年、同事務局長
 長年の細やかなお世話活動で、聖使命会員拡大に貢献。現在は教区練成会副主任として、参加者を礼拝・祝福しながら指導に当たる。「練成会参加者300人を目指し、毎月新しい人に声を掛けています」

>> next