TOP > Web聖使命 > 20111101号 > 特集 ひたすらみ教えを生き、伝えて > 記事

伝道活動に真心をこめて

二重光輪賞

鹿児島教区 有薗康子さん(84)

①昭和57年②何事も夫のせいにしていたが、ハイ・ニコ・ポンを教えられ、実践すると夫婦調和が実現③平成6~10年、白鳩会教区連合会副会長
 伝道精神旺盛で、母親教室に約30人を集め、5つの支部、5つの母親教室に分けつするなど、後継者の育成に尽力。現在も出講し、離島に出向くことも。「今後も夫婦円満で、真心をこめて活動したい」

>> TOP