TOP > Web聖使命 > 20120301号 > 特集 長年にわたる伝道で功績 晴れて14人が二重光輪賞 > 記事

教区練成会の発展に尽力

二重光輪賞

旭川教区 山川貞子さん(76)

昭和44年、強度のノイローゼで眠れずに明かした朝、ラジオから流れてきた『幸福への出発』を聴き、「これで救われる」と、すぐに『生長の家』誌を取り寄せて読み、「人間神の子」の教えに感動。すっかり元気になると同時に、神誌(当時)30部を購読して愛行を始め、50年からは母親教室を開催して活動に励んだ。平成13~19年、地方講師会長。13~22年、練成主任として参加者の拡大に尽力。現在、体調を崩しているが、毎月欠かさず、夫と共に教区練成会に参加。「必ず元気になって、お役に立ちます」

>> next