TOP > Web聖使命 > 20120301号 > 特集 長年にわたる伝道で功績 晴れて14人が二重光輪賞 > 記事

家庭調和と笑いの大切さを伝えて

二重光輪賞

兵庫教区 鮫島有岐子さん(79)

東京生まれ。昭和31年、勤務先の先輩から渡された『白鳩』の親孝行の話に感動して入信。39年、兵庫に嫁ぎ、つらく当たるしゅうとに対しても、祝福の祈りを続け、共に宇治別格本山の練成会に参加して、和解したという。こうした経験から自宅で誌友会を発会してからは、家庭調和の大切さを伝えてきた。平成10~13年、白鳩会教区連合会副会長、13~16年、地方講師会長、練成主任。今も練成会では笑いの練習の先導を担当し、奇抜な仮装や踊りを工夫し、笑わせている。「調和と笑いの大切さを伝え続けたい」

>> next