TOP > Web聖使命 > 20120301号 > 特集 長年にわたる伝道で功績 晴れて14人が二重光輪賞 > 記事

新しいタイプの誌友会に貢献したい

二重光輪賞

佐賀教区 斎藤八重子さん(83)

「穴があったら入りたい。でも相当大きな穴でないと(笑い)。光栄の至りです」。明るい人柄。結婚後の昭和27年ごろ、友人の誘いで誌友会に参加。その後、「夫を第一に」と教えられ実践すると万事が好転。日蓮宗の姑を尊重し、夫に尽くす一方、『生命の實相』を拝読して教えを研鑽けんさん。56年に地方講師、60年から支部長となって誌友会を開催し、活動に励んできた。平成11~14年、地方講師会長。現在、毎月、自宅で聖使命会感謝奉納祭を開催し、趣味の俳句会にも参加。「新しいタイプの誌友会でお役に立ちたい」

>> next