TOP > Web聖使命 > 20120501号 > 特集 自然と調和した“新しい文明”を構築しよう > 記事

『次世代への決断』を新聞社と市役所に献本

田中道浩・青森教区教化部長

「今、私たちの生き方が問われている
のだと思います」と語る田中教化部長

 「読んでいただければ、賛同してもらえるはず」と語る、田中道浩・青森教区教化部長は、4月13日、地方紙を発行する東奥日報社(青森市、25万部)と青森市役所を訪れ、『次世代への決断』をトップの社長、市長に秘書を通して献本した。また、16日には、核燃料再処理施設(核燃)が建つ同県六ヶ所村を題材にした映画『六ヶ所村ラプソディー』にも登場し、長く同施設の反対運動に携わり、核燃に頼らない村づくりを目指して活動する農園経営者、菊川慶子氏を訪ねて献本し、自然と調和した社会の実現について意見を交換した。
 田中教化部長は「福島の原発事故後も、青森では原子力政策推進の声が聞こえてきます。これからも本書を信徒以外の人にも献本して、新たな文明への転換の流れを生み出したい」と力強く語っている。

>> next