TOP > Web聖使命 > 20120701号 > 特集 太陽光発電と電気自動車の導入 > 記事

生長の家本部の助成制度

太陽光・風力発電、電気自動車

 生長の家本部では、2007年度から、太陽光発電装置または小型風力発電装置設置で、2010年度から、電気自動車の購入で助成金を交付している。
 対象者は、相愛会、白鳩会、青年会の会員で、対象は、2007年4月1日以降に稼働を開始した太陽光・小型風力発電装置と、2010年4月1日以降に購入した電気自動車。
 助成金額は、太陽光・小型風力発電装置の場合、2009年4月1日以降の稼働分が5万円/kW。2007年4月1日~2009年3月31日の稼働分が2万円/kW。一方、電気自動車の場合、本体価格の10%(上限30万円)。個人向けリース契約3年以上も可。



>> TOP