TOP > Web聖使命 > 20120901号 > 記事

来年版の新製品、相次いで発売!

『日時計日記』『こどもカレンダー 夢のつばさ』『ひかりの言葉』


 今月、来年版の日記、カレンダー等が相次いで発刊される。
 1点目は、生長の家白鳩会総裁・谷口純子先生監修の『日時計日記』2013年版。2007年に発売以来、毎年大好評の日記で、2012年版に引き続き、各月の扉には生長の家総裁・谷口雅宣先生、前総裁・谷口清超先生、創始者・谷口雅春先生、谷口純子先生の言葉と、谷口純子先生の挿画をカラーで掲載。新たに、日記の横の断面には、月ごとに色を変えた印が付いて、各月をすぐに検索でき、使いやすくなっている。(生長の家刊/B6判紙ケース入り/定価900円)


 2点目は、同じく谷口純子先生監修の『こどもカレンダー 夢のつばさ』平成25年版。谷口雅宣先生、谷口清超先生、谷口雅春先生の言葉(英訳付き)と12枚のイラストが入った小中学生向けのカレンダー。イラストは、生長の家のSNSサイト「ポスティングジョイ」のメンバーを中心に6人の会員・信徒が2作品ずつを描いている。行事などに貼る「ニコニコシール」に“良いことした日”シールが加えられた。(生長の家刊/日本教文社発売/A4判・28頁/定価750円)


 3点目は、宗教法人「生長の家」編纂の『ひかりの言葉』平成25年版。谷口雅宣先生、谷口清超先生、谷口雅春先生のご著書の中から選んだ1カ月・31日分の言葉(主文と解説文)が収められている。「一般用」と、主文の英訳文を加えた「英文入り」の2種類。それぞれ100部以上の注文で、会社名などの刷り込みが無料。(問い合わせは、世界聖典普及協会へ。生長の家刊/日本教文社発売/縦38.5㎝×横13㎝/定価600円)
 これらは、会員・信徒の利用みならず、友人、知人、子どもなどへのプレゼントにも最適。