TOP > Web聖使命 > 20121101号 > 特集 17人が二重光輪賞の栄誉に > 記事

神想観で祈り続けて人生が一変

二重光輪賞

旭川教区 蔵中英子ひでこさん(79)

昭和46年、職場の先輩の誘いで講習会に参加、温かい雰囲気に感動して入信。離婚して恨んでいた元夫を聖使命会に入れ、祈り続けると、毎年講習会に参加するように。53年、仕事を辞めて白鳩会の活動に邁進。平成10~16年、白鳩会教区連合会長。12年に脳動脈瘤が見つかったが、講習会の直前まで推進して手術に臨み、成功。その時、幹部が教化部に集まって祈ってくれていたという。「受章の喜びは、祈り、支えてくれた皆さんと分かち合いたい」

>> next